陰湿な取り立ての手口

陰湿な取り立ての手口

ヤミ金、闇金、ヤミ金業者、呼び方は様々ありますが、どれも人々を苦しめている「違法な無免許の貸金業者」である事には変わりありません。

 

ヤミ金業者は反社会的勢力である暴力団とも繋がりが深いとも言われ、昨今の日本における社会問題になっています。暴力団以外のヤミ金業者も増加していると言われている現在、ヤミ金業者に対して毅然とした態度を取る事が重要となってきます。

 

ヤミ金業者はかつて日本においても社会問題となったサラ金業者の取り立てが酷い時代だった1980年代前半よりももっと酷いレベルの取り立てを行っている事が明らかになってきています。具体的には、お金を借りている顧客に対して支払いが遅延する様であれば容赦無い取り立てが開始されるのですが、その苛烈さは異常とも言える酷さです。

 

電話での取り立てから顧客の自宅に対して取り立てを行う事も多く、顧客の自宅のドアを蹴る、怒鳴る、昼夜問わず顧客宅前や時には勤務先まで押しかけて取り立てを行うなど、現在では法律で禁止されている行為も厭わずに行うのがヤミ金業者の取り立ての手口なのです。

 

ヤミ金業者はこういった熾烈な取り立てを行う事で顧客に恐怖心を植え付け、顧客の精神状態を「何としてでも支払わなければ」という精神状態に追い込んでゆくのです。

 

借りてしまうと自分一人の問題ではなくなるのが闇金です。何かの間違いで利用をしてしまったのであれば、すぐにでも闇金に強い弁護士に相談をしましょう。